09日 2月 2019
電子申告は、もやは当然になった感があります。納付に関しては、個人に関しては振替納税制度がありますし、法人に関しては、ダイレクト納付があります。法人口座があれば、問題ありませんが、法人口座を作れない場合や地方税に関しては、納付書で納付です。電子納税も可能ですが、まだ対応していない市町村も多いようです。法人税と埼玉県は、電子納税ができても、市町村ができないために、結局、納付書で納付ということになります。いずれは、市町村もできるようになるのではないかと思います。銀行に行かなくても納付ができるようになるのは、時間の節約にもなります。昔より、効率がよくなっているはずなのに、今のほうが、なぜだか時間に追われている気がします。
01日 10月 2017
認定支援機関として登録しました。
05日 9月 2017
平成27年1月1日から、相続税の基礎控除額が下がり、今まで、相続税がかからなかった方にも、相続税がかかるようになりました。申告期限は、亡くなられてから10か月後ですが、ご自身で申告をやろうとしていても、あっという間に、申告期限がせまってきます。ご自宅と預貯金、株式等であれば、ご自身で作成して申告することも、十分可能です。ただし、小規模宅地の評価減等、期限内に申告しないと適用が受けられないものも、ございます。私どもに依頼される方は、もともと会社員で、ご自宅が持ち家で、預貯金と株をお持ちのため、少し税金が発生してしまう、という方がほとんどです。お仕事を抱えながら、最終的には、期限ぎりぎりになって、依頼されるよりは、まずは、一度、税理士にご相談されては、いかがでしょうか?
10日 6月 2017
納付書に記載する番号
28日 4月 2017
合同会社のメリットとデメリット
14日 4月 2017
どちらかといえば、今までカードは利用していませんでした。使えば使うほどたまりますという言葉にも、そんな訳は、ないでしょう?と。ポイントはたまりますが、現金を実際に支払うのに比べ、使いすぎるのでは、という気がしています。食料品等を購入するのにもカード払いを利用するのは、抵抗がありましたが、最近少しずつ、利用しています。ポイントは、たまります。財布に現金をいれておかなくてすみますし、便利ですが・・・・・ さて、カード利用明細は、カード会社が発行するものなので、領収書のかわりには、なりません。お店で発行してくれる、利用伝票を保存します。インターネット取引の場合は、領収書等の発行方法をヘルプ等で確認し、印刷して保存しておいてください。
10日 12月 2016
会社を立ち上げる方は、社会保険に加入しますが、個人事業主の場合は、社会保険に加入できないので、国民年金と国民健康保険を支払うこととなります。そこで、当初は、配偶者の健康保険の扶養になることがあります。税と社会保険では、扶養に関して、金額もそうですが、その判断基準が、異なります。税の場合は、所得金額で判定します。社会保険の場合には、個人事業の場合は、その判断となる金額が、売上なのか、所得なのか迷います。売上その他の収入から経費を引いた金額で判定しますが、その経費の範囲が税金を計算する場合の経費より、狭くなるようです。仕入、家賃、外注費等は、認められ、接待交際費は認められないようですが、具体的に、健康保険の扶養になることができるかど営業なので、自分で自営できることが前提ですが、当初は、資金繰りのこともありますのでうかは、各健康保険組合、全国健康保険協会等に、お問合せ下さい。税金の扶養もそうですが、自、利用できるシステムは、使っていきたいですね。
24日 10月 2016
個人事業主様におかれましては、確定申告は、まだ、早いですが、準備は、少しずつ、進められていらっしゃることと思います。 毎年、3月10日過ぎに、なんとかして!と駆込む方が、どこの事務所にもいらっしゃるようでございます。今なら!ご依頼頂ければ、格安でお引き受けできます。なにせ、開業したばかりなので。...
19日 10月 2016
個人開業をするにあたり、パソコンを購入しました。今まで、ノートパソコンを持ち歩くことはなかったので、どのパソコンを購入しようかと、さんざん悩みました。最初に購入したのは、東芝のダイナソーです。これを最初は持ち歩いていました。しかし、やはり、持ち歩くには大きい。そこで2台目のノートパソコンとしてパナソニックのレッツノートシリーズ。ビジネスマンがよく使う頑丈さを売りにしたパソコンということも初めて知りました。確かに、今までは気にしていなかったのですが、ビジネスマン風の人が使っていることが、多い気がします。軽い。購入してよかった。